Top > 出来事 > 債務処理経験のある司法書士

債務処理経験のある司法書士

任意整理というものは普通債務の整理と言われていて、各債権者に対し返金を続けていくことを前提とした借金を整理していく形のことをいいます。

 

その流れは、債務処理経験のある司法書士あるいは弁護士有資格者債権を有する者と借り手の中に立って話し合い利息制限法にかんがみて利息の引き直しを行って一から計算しなおした借入金の元金についての利子を減らす方法によって3年程度の期間で返済を目指す借金整理の対策です。

 

この任意整理には簡易裁判所のような公的な機関が関係しないためにそのほかの計画と比較した場合、利用した際のデメリットとなる点が一番少なく手続きが依頼人にほとんど問題になることはないため、メインとして比較するようお勧めする対策となります。

 

さらに、貸し手がサラリーマン金融などのとても高額な利息だった場合は、利息を制限した法律が明記している貸出金利以上に渡した利息分は借入元金に充当できると考えて借入金の元金それ自体を少なくすることも不可能ではありません。

 

つまり、サラ金業者のように高額な年利のところへ長い期間返している場合だと一定の利息分をカットできるような場合もありますし、十数年返してきた場合には負債自体が消化されてしまう場合もあります。

 

任意整理の良い点ですが、破産宣告とは違いある部分のみのお金だけをまとめていくことができますので他に連帯保証人が付いている負債を除き手続きをする際やクルマのローン以外で処理していく際などでも適用することができますし、財産を処分することは必要とされていないので、不動産などの個人資産を保有していて処分してしまいたくない状況においても有効な債務整理の手順です。

 

いっぽう、これから返済していく額と実現可能な所得を比較検討して、おおむね返済の目処が立てられるようなら手続きを進めることは問題ありませんが、自己破産手続きと違って負債そのものが消えてしまうという意味ではありませんので、元金の合計がだいぶある場合などは、現実には任意整理による選択をするのは難しいということになります。

 

出来事

関連エントリー