Top > クレジットカード現金化 > クレジットカードの現金化にご注意

クレジットカードの現金化にご注意

クレジットカードには二つの機能があります。
一つ目はクレジットカードを利用して商品を購入し、その代金を後払いにする機能。例えばショッピングモールで服を買った時、レジでクレジットカードを利用するとこの機能が適応され、決められた日に引き落としが発生します。
二つ目はキャッシングといって、クレジットカードを利用して借り入れをする機能。ATMなどを利用して、クレジットカード会社から借り入れを行うことができます。ショッピング機能とは異なり、ショッピング以外の場面で「後でクレジットカード会社に、借りた分のお金を払う」という約束の元、利用することができます。
「クレジットカード現金化」というのは、この内のショッピング機能を使った違法行為です。例えば、「CDを40万円分買えば、30万円キャッシュバックしますよ」という広告などです。この広告を見たAさん(仮に、突然現金30万円が必要になったとしましょう)が、ネットで40万円のCDをクレジットカードで購入し、30万円手に入れたとします。30万円を手に入れたことで目的を達成したAさんはほっとしますが、後日クレジットカード会社から40万円の支払い請求がきます。これがクレジットカードを利用した、クレジットカード現金化と呼ばれる違法行為です。クレジットカード会社も、この行為は正式に違反行為として定めています。その場は30万円手に入りますが、後日40万円支払わなければならないため差し引き10万円を損する計算になります。借金はしたくないけれど、すぐに現金が欲しいと思った時は要注意です。結果として大きな損をすることになりますので、もし突然現金が必要になった時でも、一度立ち止まって冷静に考える必要があります。

http://www.card-genkinka.link/

クレジットカード現金化

関連エントリー