Top > 変化に対応する家

変化に対応する家

 一軒家が良いと思って、三年前に新築しましたが、トイレの水洗の音とか、キッチンの狭さとか実際に住んで使ってみなければわからないことが出てきます。  また長い間住んでいると、家族構成が変化したり、新築時には必要だと思ったものが不要になったり、高齢にともなって住みにくくなったりして、家の態様が変わっていくので、それに対応してリフォームがしやすい一軒家が良いと思う。そのためには、木造で、自分でもある程度のところは加工ができること、壁も全面が壁紙を貼るのではなく一部でよいから板張りにしておくと、利用しやくなるのではないか。 大島駅マンション売却
関連エントリー